メール配信代行業者のデメリット

確実に効果が出るとは限らない

購買意欲を高めたり、刺激したりするための手段としてメール配信は便利で効果に期待できるサービスです。配信数が増えればそれだけ多くの人々に情報を届けられるので、売上アップの可能性は高くなります。配信するメールを簡単に作成したり、登録者に送信したりする作業は手間がかかるので、メール配信代行業者の利用が便利です。

ただ、メール配信代行業者のデメリットとして、確実に効果が出るとは限らないことは理解しておきましょう。期待していた通りの効果が出る一方で、予想を大きく下回る残念な状況も起こります。効果が出なかったとしてもサービスを利用している以上、料金は支払わなければなりません。ですから、効果が出なかった時のことも考えて利用することが大切です。

料金が高い業者を選んでしまう

メール配信代行業者によって利用する場合の料金内容に差があるため、検討が不十分の場合は高めの業者を選んでしまう可能性があります。配信数や登録アドレス数が同じだったとしても、料金内容まで各業者が同じとは限りません。高い料金を支払うリスクを回避するには、各業者の料金内容を調べることが重要です。この作業の有無で支払う料金が数千円や数万円、それ以上変わることがあるのでしっかりとやるべきです。ただ、極端に安い料金だったり、評価が低かったりする業者を利用する際は慎重に検討しましょう。また、安い料金だったとしても予想している効果が見られない場合は継続するだけではなく、他のメール配信代行業者に切り替えする決断も必要です。