自分で配信する場合の注意事項

事前に連絡しておきたいこと

メール配信は仕事場や学校、販売促進などさまざまな場面で利用でき、メリットはたくさんあります。それと同時に注意しておかなければならないことが多いです。中でも相手の受信環境に関してはとても大切です。一件ずつメール配信をする場合なら問題がなくても、一斉配信にしてしまうと、迷惑メールとして扱われてしまうケースがあるのです。するとメールを送ったのに、いつまでたっても返事がないといったことが起こります。そのため必ず、相手に迷惑メールに振り分けられないように設定されているかを確認しておきましょう。加えて勝手にメール配信をすると、予期せぬトラブルが起こることがあります。それを避けるために、事前にメール配信をして良いのかの了承を取っておくのが無難です。

しっかりと確認しておきましょう

メール配信で一番気をつけたいことだといって差し支えがないのが、送信先を間違えてしまうことです。知らないうちに入り込まれたウィルスによるケースが少なくなく、最悪の場合は個人情報が漏洩してしまうといった事態が起こります。このようなことが無いように、メール配信に使うパソコンなどには、専用のセキュリティーソフトやアプリを入れておくのが良いでしょう。加えて古いバージョンのものでは役に立たないことが多いため、こまめにアップデートするように心がけたいです。ただしメールの配信先を間違えるのは、ウィルスのせいだけではありません。実は人的ミスが意外と多く、こちらは賠償請求にされたとしても保険が適用されないことがあります。そこでメール配信する前に、必ず送り先を確認しておきましょう。