自分で配信するメリット

メールの内容にこだわることができる

代行業者を利用することなく自分で配信するメリットは、メールの内容にこだわることができることです。代行業者を利用する場合はテキストのみだったり、画像を加えたりなどある程度は自由に作成可能です。ただ、容量が決まっているので画像を多く使用したり、動画を載せたりなどイメージしているデザインを完璧に実現できない場合があります。しかし、代行業者を利用せず自分で配信する場合は制限されないため、デザインにこだわることができます。そのため、理想的なメールを作成して配信したいのであれば、自分で配信することをおすすめします。しかし、デザインにこだわり過ぎると容量が大きくなり、送信が終わるまで時間がかかることがあるので注意が必要です。

配信先を細かく選べて安く済ませられる

登録者に対して一斉に配信する作業は、メール配信代行業者を利用している方が便利です。しかし、個別に選ぶような場合は自分で配信する方が楽に作業できます。たとえば、数百人や数千名の登録者から数名だけに配信する時だったり、希望者だけに配信する時だったりなどはわざわざ代行業者を利用するよりも、自分で配信先を細かく選んで配信する方がスムーズに作業を進められるので効率的です。また、限られた登録者にだけメールを配信するだけなので、代行業者を利用して多くの登録者に一斉配信する場合に比べて安く済ませられるメリットもあります。ただ、メールを簡単に作成できることや一斉配信など代行業者にもメリットがあるため、上手に使い分けましょう。